ご案内・ご連絡

第93回選抜高等学校野球大会2回戦 結果報告

【第93回選抜高等学校野球大会7日目第2試合(2回戦)】
福岡大大濠(福岡) 110 101 000 04  8
具志川商業(沖縄) 102 001 000 00  4

 大会7日目第2試合に登場した本校硬式野球部は、上記の通り具志川商業高校(沖縄)に勝利し2回戦を突破、4年ぶりのベスト8進出を決めました。

 2回戦は、1回戦の八戸西(青森)戦で11安打8得点と攻撃面で波に乗る具志川商業(沖縄)が対戦相手。
試合は1回表から動きます。ヒットで出塁した山下恭吾選手(2年)が2塁への盗塁を成功させ2アウト2塁のチャンスを作ると、4番の川上陸斗選手(3年)がレフト前ヒットを放ち初回に1点を先制。1回裏に相手チームのホームランで同点にされた直後の2回表、毛利海人投手(3年)のレフトへのスリーベースヒットで1アウト3塁とすると、続く松尾光氣選手(3年)のセンターへのタイムリーヒットで2対1と再び勝ち越します。

3回裏、打撃好調の具志川商業打線に3本のヒットを集められ2対3と逆転され逆に1点のリードを許しますが、1点ビハインドの4回表、1アウト1塁の場面で吉田颯選手(2年)がセンターへのツーベースヒットを放ち3対3の同点、試合を振り出しに戻します。


67FC55DA-251B-4A41-B6F8-A0AD251E8827.jpeg
4回表 センターへ同点のツーベースヒットを打った吉田颯選手(2年)



6回表、1アウトからセンターオーバーのスリーベースヒットで出塁した松尾光氣選手を3塁に置いて、福澤雄太選手(2年)のライト犠牲フライで勝ち越します。一方の具志川商業打線も粘り強く直後の6回裏、ヒットとエラー、フォアボールを絡めて2アウト満塁。相手打者はフルカウントからフォアボールを選び、再び4対4の同点に。


F7BACDD0-3AF5-442F-99B0-371D4DC42F68.jpeg
力投する毛利海大投手(3年)



このまま9回まで決着がつかず延長戦に入ります。

このシーソーゲームに決着をつけたのは11回表、先頭の松尾光氣選手のレフトスタンドへのソロホームランをきっかけに4本のヒットとフォアボール、相手のエラーを絡めて一挙4点のビッグイニング。

投げては先発の毛利海大投手が9回2/3を135球8奪三振、10回裏から後を受けた馬場拓海投手(2年)が1回1/3を抑え、8対4で勝利し4年ぶりのベスト8進出が決定しました。


6B6658C8-82B6-4E7D-9783-6F247323D2D3.jpeg
今大会2度目の校歌斉唱です



準々決勝は、3月28日(日)大会9日目第2試合で東海大相模高校(神奈川)と対戦予定です。引き続き、本校硬式野球部への応援をよろしくお願いします!

大濠新聞速報版 FLASH Vol.108 甲子園号② はこちらのリンクをクリックしてご覧ください